290323

を洗ったものの、すぐに必要になってしまった。。。

はたまた、大雨で靴がビショビショに濡れてしまった。

どちらも一刻も早く乾かしたいですよね。

 

ということで、ここでは靴をできるだけ早く乾かす方法・裏ワザを伝授!

また、雨の日対策に、オフィス(会社)などに置いておくと便利なグッズもご紹介します。

Sponsored Links




靴を早く乾かす方法!どんな裏技が?

スニーカーと革靴では手入れ方法が違いますので、分けて紹介しますね。

 

スニーカーの場合

洗濯機がある時は最初に脱水機にかけましょう。

手順としては、こんな感じです。

  1. 中敷を外してから靴のなかを拭きます。
  2. タオルで拭いた後にもう一度脱水機にかけます。
  3. つま先を下に、かかとを上にして干します。

ある程度乾いたら、最後の仕上げは、ドライヤーですね。

 

ですが、家の洗濯機に靴を入れるのはちょっと・・・

という場合は、コインランドリーに靴用の洗濯機&乾燥機がある場合がありますよ♪

最近ではよく見かけますので、「ココにある!」と一つ確認しておくと、今後役立ちますよ。

 

注意

 

脱水機にかけると乾くのは早いですが、型崩れを起こす事があるので、形が気になるタイプの靴は拭いて乾かしましょう。

 

 

革靴の場合
  1. 靴全体をタオルで拭いて水気を取ります。
  2. 中敷を外せるものは外しておきます。
  3. 靴のつま先に乾燥材や新聞紙、キッチンペーパーを詰めます。
  4. つま先を下にして干します。

※つま先に詰めている紙類をこまめに交換することで、さらに乾きが早くなります。

※更に早く乾かしたい場合は、ドライヤーを使います。

けれども革靴の場合、ドライヤーの熱で型崩れや縮みなどのダメージもあるので、冷風を当てるようにしましょう。

 

両方に使える方法

どんな靴にでも使える方法としては・・・

438598

 

  • レンガの上に置く

レンガが水分を吸収します。

湿気や空気の通り道が出来るのも良い効果と言えます。

 

  • 浴室に干す

浴室の換気扇を回して干します。

元々が湿気を飛ばしやすい作りになっているので、意外と効果が高いです。

雨で外に干せない場合には、とくにおすすめです。

 

  • 靴を干すためのハンガーを用意する

つま先を下に、かかとを上に干しやすい形が理想です。

百均にも、靴を干すためのハンガーが売っていますし、針金タイプのハンガーを曲げて自分で作っても良いですね。

 

  • 扇風機に当てる

風を当てる事で乾きが早くなりますし、手間がなくてよいですね。

 

以上の方法を組み合わることで、普通に乾かすよりが断然早い効果を得られます。

ちなみに、乾く前に消臭スプレーを一拭きしておくと防臭効果が高まります。

つま先の詰め物をする前につま先にかけておくのも効果的ですね。

 

Sponsored Links




 

オフィスや会社で濡れた靴を乾かす方法

オフィスでは乾燥機や扇風機での対応は難しいですよね。

そこで試していただきたいのが以下の方法です。

 

シリカゲルを取っておく

おせんべいや靴を購入した時に入っている乾燥剤です。

湿気や水分を吸収してくれます。

もちろん、ある程度水気を取ってから使用しましょうね。

青色の粒がピンク色になるともう吸収しないので、新しいシリカゲルを準備する目安にしてください。

保存する時は密封容器に入れて空気中の水分を吸わせないようにします。

ちなみに、ピンクになったシリカゲルはフライパンで2~3分炒める事で再利用できますよ。

 

靴専用乾燥機を用意しておく

次章でおすすめを紹介しますが、ひとつ用意しておくと急な雨でも安心ですよ。

 

早く乾かすための便利グッズ4選

シリカゲル以外にも様々なグッズが発明されていますので、是非お気に入りを見つけてくださいね。

(※以下の画像はすべて楽天市場にリンクしています。)

小型シューズ乾燥機

USBを使うので、会社でもOKですね。

ヒーターが内蔵されていて、その風を靴に当てて乾かします。

小型ですが、じっとりと濡れた革靴も乾きやすいので、オフィスにひとつ置いておくと安心です。

 

温風ハンガー乾燥機

ハンガーに乾燥機がつきました♪

どうしてもすぐ乾かしたい服にも便利ですし、専用アタッチメントで靴もしっかり乾きます。

服は会社では干しずらいですが、靴を乾かすにはもってこいですね。

 

シューズ乾燥材

オフィスで使うなら小さいほど嬉しいですね。

持ち運びしたい場合には、シューズ用乾燥材をおすすめします。

さらに、風を当てたり空気の流れが良い場所に置いておく方が良いですね。

 

激取りMAX靴ドライ

靴の中敷きのような形をしていて、靴の湿気や水分を摂ってくれます。

靴の乾燥スピードをあげて、さらには消臭もしてくれる優れモノです♪

 

さいごに

濡れてしまった靴を乾かすのは、意外と面倒で手間がかかります。

自然乾燥だけでは、季節や天候によって難しい場合も多いので、上で紹介したように便利グッズは想像以上に役に立ちそうですね。

雨のお出掛けの際には、防水スプレーを吹きかけておくなど、できるだけ濡れない対策もしておきたいものです。

濡れた靴は、臭いやカビはもちろん気になりますが、何よりも濡れたまま履いていると気持ち悪いですからね。