preg

なにかと不安な初産

予定日が迫ってくると、お医者さんに「いつ陣痛が来てもおかしくないよ」と言われることもあるでしょう。

話には聞いていても、実際陣痛ってどんな感じなの?と疑問しかないですよね。

 

「陣痛が来たら間隔を記録しておいて」と言われてチェックしたものの、そこから痛みがなくなって「あれ?」と思うこともしばしば。

今のは陣痛ではなく、前駆陣痛というものだったのだろうか。。。

 

実際、陣痛の前兆や始まり方はどんなものなのか、とても気になりますよね。

ここでは、陣痛の前兆をはじめ、陣痛ってどんな痛みなのか、絶対に気づけるものなのか、

また、初産の場合、平均するとどれくらいの時間陣痛が続いて出産に至るのかなど、

出産を間近に控えた初産婦さんの気になる陣痛について詳しく解説していきます。

Sponsored Links




初産 陣痛の前兆(始まり方)ってどんな感じ?

まずは陣痛の前兆や始まり方です。

人それぞれなので必ずしもこれとは言えませんが、代表的なものを挙げていきますね。

175892

おしるし

ピンクや茶色いおりものが出てから陣痛がはじまったという人もいます。

いわゆる「おしるし」というもので、卵膜という赤ちゃんを包んでいる膜が破けて、おりものと出血が混じって排出されるものです。

量や出る期間は個人差が大きく、生理のように出てくる人もいれば異変を感じたのは1度だけという場合もあります。

内診の影響で出血する「内診出血」との見分けもつきにくいので、血の混じったおりものが出た場合には「もしかして?」と思って心構えをしておきましょうね。

 

破水

「破水したら病院に来て」と言われる場合がほとんどですが、破水が起きたら赤ちゃんを保護する機能が失われてしまうため、できるだけ早めに出産する必要が出てきます。

破水が起こるとしばらくして陣痛が起きることがほとんどですが、なかなか陣痛が起きないと促進剤などを使ってでも陣痛を起こす必要があるため、破水したら24時間以内に出産するべきということになります。

 

前駆陣痛

偽陣痛とも言われる前駆陣痛から本陣痛がはじまるパターンです。

本陣痛が規則的になり痛みが徐々に増していくのと対照的に、前駆陣痛は不規則だったり痛みにもバラつきがあるのが特徴です。

中には前駆陣痛で既にベッドから起き上がれなかったという人もいますが、陣痛の練習をしているだけです。

前駆陣痛からすぐに本陣痛がくる人もいれば、数日はそのまま・・という人もいて、バラつきがあります。

 

赤ちゃんが下がる・腰が痛くなる

お産が近づくにつれ、骨盤が開いて赤ちゃんの頭がすっぽりとはまります。

その際に腰や股関節が痛んだり、見た目に赤ちゃんの位置(お腹)がぐっと下に下がったように感じます。

人によっては下がる感覚を感じたり、見ても全然気付かなかったという場合もあるので、出産への準備だと思って自然に任せておきましょう。

場合によっては腰の痛みが陣痛だった!ということもあるので、あまりにも腰痛がひどいようであれば感覚を記録しておくと良いですね。

Sponsored Links




 

初産でも陣痛だとわかる?どんな痛み?

陣痛だけではなく妊娠・出産全てが人それぞれですが、陣痛とはいわゆるどんな痛みなのでしょうか?

  • 寝れるうちは大丈夫
  • 10分間隔になったら病院に連絡

といわれても、どれが陣痛なのか分からないと、自分がそれにちゃんと気づけるかどうか・・・不安で仕方ないですよね。

411949

痛みの感覚としては、

  • 下痢のような痛み
  • 生理痛のような痛み

この2つが代表的な陣痛の痛みとして挙げられますが、中には陣痛だと気付かなかったという人や会話ができるくらいの軽い痛みだったという人もいます。

ここまで個人差があるというのは本当に不思議ですよね。

陣痛だ!と思って気合を入れて記録していたら、御手洗いですっきりなんてこともあるそうで、あくまで参考程度にしかなりません。

 

陣痛であるかを判断するひとつの基準として、「規則的な痛みであるかどうか」があります。

もし我慢できるような痛みであったとしても、産院から指定された感覚で痛みが来ていたり、ほかに前兆や何らかの症状が出ている場合にも電話確認しておくと安心です。

しかしながら、私自身も3度の出産を経験していますが、規則的な痛みというのを実は一度も感じたことがなく、最初から結構な痛みがドーンと来て、2~3時間後には出産を終えていました(3度とも・・笑)。

 

感じ方は本当に人それぞれですが、陣痛に気づかないということはほぼありませんのでご安心ください。それくらい独特な痛みですよ。

あとは落ち着いて、時間をはかり、産院に電話するタイミングを見計らうことです。

Sponsored Links




 

初産の場合、陣痛の平均時間はどれくらい?

一般的に初産の場合の出産までの陣痛時間は、平均して12~15時間だといわれています。

前駆陣痛ではなく本陣痛がはじまってからの時間なので、人によっては陣痛がきてから3~4時間で出産した人もいれば24時間以上かかったという人もいてまちまちです。

しかし基本的に初産の場合には12~15時間かかるといわれているので、本陣痛が来るまではしっかり体力を温存しておきましょう。

335228

もちろん短時間で無事出産できることに越したことはありませんが、12~15時間までは普通と思って、できるだけリラックスを心がけてください。

逆に時間がかかりすぎると、母子ともに危険と判断され、帝王切開や疳子(かんし)分娩といった処置を余儀なくされることもありますが、そんな時もお医者さんに任せて、ド~ンと構えていてくださいね。

 

お産は陣痛が来始めてからの時間や母子の状態によって迅速な判断が必要とされるので、もし「痛いかな?」と思ったらとりあえず記録しておくと良いでしょう。

たとえそれが腹痛や前駆陣痛であったとしても、いざ本陣痛が来たときに慌てて時間がわからない!という事態を防げると思えば安心ですよね。

なにせ初めてのことばかりで不安は尽きないと思いますが、家族も医師もすべての人があなたとあなたの赤ちゃんを守ろうと助けてくれています。

みんなが味方ですから、安心してください(..◜ᴗ◝..)

 

さいごに

お産というのは本当に予測できず、個人差の大きいものです。

お医者さんに「もういつ出産になっても良い」と言われると待ち遠しくて仕方ないとは思いますが、どれだけ準備をしてもいざとなると大慌てしてしまうこともあります。

入院準備の最終確認や産後の生活の想像、ゆっくりできる最後の時間を満喫しながら、ゆったりとした気持ちでその時を待ちましょう。