bfde

出産が近くなってくると願うこと。

それは赤ちゃんを無事に出産することと・・・そして安産であること。

それは初産の場合でも経産婦さんでも同じです。

 

待ちに待った赤ちゃんとの対面は本当に待ち遠しいんだけれど、とくに初産の場合は、ここにきて出産への最大の不安が押し寄せているという方も多いことでしょう。

できるなら安産でありたいと思うのは当然ですよね。

そのために今からできることはどんなことなのか。

また、安産は体質なのか、どんなお産なら安産と言えるのか、など安産に関する情報をまとめてみました。

Sponsored Links




初産婦さんの安産の秘訣(方法)は?

初産は当然のことながらなにもかも初めてで、出産自体も遅れがちですし、出産にかかるといわれる時間も長いことが多いです。

少しでも母子ともに負担を減らす為に、どんなことをしておくと安産になりやすいのかチェックしておきましょう。

411949

体力づくり

初産だけではありませんが、お産というものは必要以上に体力を消費します。

生まれた赤ちゃんのお世話にはさらなる体力が必要です。

経験者に聞くと

  • 妊娠中より産後しばらくのほうが辛かった
  • ゆっくりできるのは今だけだから

という人が多いのはそのためです。

ストレッチやウォーキングなどで体力づくりをしておくことをおすすめします。

適度な運動は陣痛の促進にも繋がるので、問題ないと医師に言われてからはとくに運動しておくと良いですよ♪

 

呼吸法の練習

初産においてポイントとなってくるのが、お産の際の呼吸法です。

具体的には「鼻から吸って口から吐く」「いきみ逃し」などありますが、「ヒッヒッフー」と呼吸するラマーズ法なんかは有名ですよね。

実際お産の際にはさまざまな呼吸法があり、そのときにあわせて助産師さんが教えてくれるのですが、余裕がなくて無理!となっては赤ちゃんが苦しくなってしまいます。

普段から意識して練習しておくと、いざという時に咄嗟(とっさ)でも呼吸しやすくなるので、旦那さんと一緒に練習しておくと良いでしょう。

 

血行不良は難産になりやすい

体が冷えてしまうと、難産になりやすくなってしまいます。

妊娠初期のころに「ママが暑いくらいが赤ちゃんにはちょうど良い」と聞いたかもしれませんが、それは最後まで変わりません。

産まれるときまで酸素や血液は赤ちゃんに供給されているので、呼吸法で酸素を供給してあげて、血液も運んであげることが大事です。

靴下やマッサージ・ホッカイロなどで血行を悪くしないように工夫しましょう。

 

ラズベリーハーブティー

安産のハーブティーといわれるラズベリーハーブティーは、出産間近の妊婦さんにとってとっても嬉しい効果がたくさんあります。

リラックス効果はもちろん、体を温める効果や栄養補給もできます。

ハーブティーが苦手でなければ、問題ない人であれば妊娠後期から飲んでもOKなので、参考にしてみてくださいね。

 

Sponsored Links




 

安産は体質?どんな体質が良いの?

よく「安産型」という言葉を聞きますが、体質・体格的に安産になる・ならないというのは本当なのでしょうか?

実際体質によって安産になるかどうかは実証されていませんが、「健康的な体つき」というものを良しとする古くからの言い伝えがあるのは事実ですね。

212186

イメージするのは

  • お尻が大きい
  • 足腰がしっかりしている
  • 骨盤が広い

などあると思いますが、確かに細すぎるくらい細身の人だと「自然分娩は難しいかも」と指摘されることも多いようです。

ちなみに私も骨盤が広く、産院の先生からは「骨盤が広いから安産になるでしょう!」と言っていただいていて、実際にものすごく安産でした(笑)

とは言え、「安産型!」といわれ続けた人でも難産になることもあるので、確実に!ということはありません。

 

結局のところ安産と体質の関係というのは以下の項目による定説であると思われます。

  • 標準体型の人のほうが妊娠中のトラブルが起きづらい
  • 元々骨盤が広い人のほうがお産のトラブルが少ない
  • 普段から運動をしている人のほうが、体力面で安産になりやすい
  • 標準体型の人のほうが、生活習慣が自然で適正であることが多い
  • 足腰がしっかりしている人のほうが、標準的なお産になりやすい

このような要因から、「安産になりやすい」傾向にあるだけで、確実に安産になる体質というのは無いのです。

Sponsored Links




初産婦!陣痛から何時間以内に出産するのが安産?

では実際に、陣痛からどのくらいの時間で出産すれば安産だったといえるのでしょうか。

初産の場合、陣痛が始まってから12時間~15時間かかるのが平均的と言われており、この前後であれば平均的なお産時間だといえます。

安産の定義は、陣痛から出産までの時間が短いことだと勘違いされている方が多いのですが、安産は医学的な定義がありません。

つまり、安産だったか、そうでなかったかは自分が決めることになるのです。(※医師や助産師さんが決めることでもありません)

535731

3時間で出産しても、緊急の処置が必要だった場合などは、なかなか安産とは言い辛いのではないでしょうか?

逆に24時間かかっても。母子ともに健康でトラブルがなかったお産なら、安産だったと言えるでしょう。

 

緊急の処置が必要なく、産後も問題がなければ時間に関係なく「安産」といえるのですよ。

 

なので、とくに時間にこだわる必要はありません。

もし途中で帝王切開や疳子(かんし)分娩をすることになったとしても、母子が無事であればそれが1番です。

 

さいごに

できることなら安産で!と思うのはごく自然なことですが、お産は終わりよければ全てよしです。

ママも赤ちゃんも無事に、健康に産まれてきたらそれはもう「安産」だと言えます。

赤ちゃんは必死に頑張って外に出てくるので、ママも一緒に頑張って少しでも赤ちゃんを楽にしてあげようと思えば、自然とすべきことは見えてくるでしょう。

不安も多いと思いますが、先入観にとらわれずにあなたの「安産」を目指してください!

お医者さんも助産師さんも、あなたの家族も、みんながあなたと赤ちゃんを守ってくれますよ(..◜ᴗ◝..)