095069

名前が違うけど、味や見た目が似ていてよくわからない。

【鮭・鱒(ます)・サーモン】は、その代表とも言えるのではないでしょうか。

この3つ、実際のところ何が違うのでしょうか。

 

鮭・鱒・サーモンの具体的な違いから、味や価格の違いまで、徹底的に調べてみました。

そこで登場するサーモントラウトについても解説しています。

これでアナタも”さかなクン”の仲間入りです♪

Sponsored Links




 

サーモン・鮭・鱒の違いとは!

これらは日本語で、「鮭や鱒」と呼ぶ時の明確な違いはありません

と言ってしまうと、身もフタもないのですが・・・。

サーモンなど英語名で呼ばれる時は、川や海など住んでいる地域や、産卵の違いで区別される事がありますが、基本的にサケ科の同じ種類でも川や海を行き来したり、一生同じ場所に留まったり、など明確に区別しようとすると曖昧になってしまうのが実態。

ここでは一般的にどのように説明されているか、定義を紹介していきます。

 

510600

 

サーモン
  • 海で養殖されている
  • 洋食の素材として呼ばれる
  • 輸入素材の時
  • 昔から生でも食べられるとされていた
  • ヨーロッパには1種類しかいない(太平洋鮭/アトランティックサーモン)
  • アメリカなど太平洋種類の総称(ピンクサーモン)
  • 日本では海洋性のカラフトマスやトラウトサーモンの事を呼ぶ

 

  • 英語でsalmon(サーモン)
  • 川で産卵され海に下る
  • 和食の素材として呼ばれる
  • 国産素材の時
  • 古くは加熱調理をするようにされていたが(アニサキスという寄生虫がいたから)、現在は生でも食べられる(宮城県の桜銀など)
  • もともとシロザケの事を指していて、それ以外は鮭の仲間(サケ科)と呼ばれていた
  • 秋鮭、白鮭、銀鮭、紅鮭などを指す
  • 一般的にスーパーで売られているのは白鮭、切り身や塩鮭や燻製は紅鮭が多い

 

鱒/ます
  • 英語でtrout(トラウト)
  • 川や淡水域で過ごす
  • 複数の種類の総称(サクラマス、カラフトマス、ニジマスなど)
  • 鮭の仲間である
  • 昔はサクラマスだけだったが、漁業の開拓が進み、他の種類の鮭や鱒を捕まえるようになって○○マスという呼び名が増えた

 

Sponsored Links




 

サーモントラウトってなに?

英語で鮭のことをsalmon(サーモン)と言いますね。

鱒のことをtrout(トラウト)と言います。

この二つが合体した【名称:サーモントラウト】っていったい何なのでしょう?

451971

サーモントラウトとは、チリやノルウェーなどの海中で養殖したニジマスの事ですが、種類の名前ではなく商品名になります。

とてもややこしいのですが、サーモントラウトという種類の魚ではなく、ニジマスが調理されて食べる段階でそう呼ばれるのです。

ですから、お寿司屋さんやお刺し身を食べる時に「サーモントラウト」と名前がついていたら、鮭ではなく鱒だと覚えておくと良いですね。

ちなみにトラウトサーモンと呼ばれる事もあり、どちらも同じです。

 

身の色はピンクに近いオレンジでクセが少なく、手ごろな値段で購入できるので、万人向けの一般的な味とも言えるでしょう。

主に切り身で販売されていて、焼いても美味しいですし、あっさりした味なので、シチューやマリネなどの具材にも適しています。

Sponsored Links




 

サーモン・鮭・鱒 味や値段の違いについて

日本語で呼ばれる名称に明確な違いがない!

先ほど、そんな風にお話ししましたが、ではどうして同じ(ような)モノであるにも関わらず、味や値段に違いが出るのでしょうか?

その理由をいくつか紹介します。

742

 

海を下るかどうか

鮭は川で産卵し、ふ化してしばらくすると海へ下ります。

この行動で味が変わると言われていて、鱒よりも鮭の方が美味しく・少し高価であるとされます。

が、実際のところ鱒にも海へ下る種類がいます。

鱒だから、すべての魚の味が落ちるというわけではありません。

 

天然か養殖か

当然ですが天然の方が美味しく値段も高いです。

ですが最近は、養殖の物も充分美味しく店頭に並ぶ数も多いので、一般的に養殖の方が手に入りやすくなっています。

トラウトサーモンやキングサーモンなど輸入、養殖物が多いです。

 

住んでいる環境の違い

水の汚れ方や食べる物の違いでニオイや臭味が変わってきます。

 

年齢の違い

川へ戻ってくるとき(捕獲される時期)の年齢にもよりますが、普段食べているものはだいたい4~5歳となり、産卵のために帰ってくるのでほどほどに疲れています。

稀に1~2歳頃のまだ若い鮭(鮭児と呼ばれます)が戻ってきますが、とても稀で疲労していない鮭なので、味が異なり「幻の鮭」と呼ばれるくらい美味しいのだそう。

旬の鮭(春、夏にとれる鮭/時知らず)は卵巣や精巣が発達していなくて成熟しておらず、身に油がしっかり乗った状態なので美味しく高級です。

こちらはロシア生まれで、日本の近海を泳いでいる時に捕獲されると言われています。

 

さいごに

鮭、鱒、サーモンと、名称としてわかれている割には、実際のところ明確なコレと言った違いがないのが現状。

ちょっとスッキリしない結果でしたね。

味や価格の違いとしては、【養殖か天然】かという違いが一番反映されています。

幻の鮭などはスーパーなど店頭に並ぶことはほとんどなく、手に入りにくいので、一般的に食べられるものではなさそうなのが残念なところ。

それぞれの違いを明確にする為にも、味比べでもしてみたいところですね(;’∀’)