c9f

最近なんだか、くしゃみや鼻水がひどい。

でも風邪というわけではなさそう・・・。

それ、もしかしたら寒暖差アレルギーかもしれませんね。

寒暖差アレルギーとは、「血管運動性鼻炎」と呼ばれ、冬の終わりから春にかけて多くなり、気温の差に反応して体調不良を起こします。

くしゃみ・鼻水だけでなく、咳や蕁麻疹(じんましん)が出たりもします。

ここでは、そんな寒暖差アレルギーの症状を詳しく解説していきます。

また、対策方法など併せて紹介していきますね。

Sponsored Links




 

寒暖差アレルギーの症状とは!

温度差が激しいと、自律神経が適応できなくなる事で、鼻の粘膜の血管が広がり、むくんでしまいます。

その状態が症状を引き起こすのが寒暖差アレルギー。

主な症状は以下の通りです。

589867

風邪の症状に似ている

鼻水(無色透明)・鼻づまり・くしゃみ・咳などを起こすものの、熱は出ない。

症状が悪化すると、喘息や気管支炎を引きおこす事がある。

花粉症に似ていますが、アレルゲンがあるかないかの違いです。

自律神経の乱れ

不眠・食欲不振・疲れやすい・イライラする・情緒不安定など精神的なダメージも。

蕁麻疹(じんまん)

アレルゲンは出ないのに蕁麻疹を発症し、寒暖差じんましんと呼ばれています。

寒冷じんましん、温熱じんましんに分けられて、突然発疹が出てきてひどいかゆみがある場合も。

かく事で皮膚が傷つき肌荒れを起こすと、またかゆみを感じて悪循環になりやすい。

 

Sponsored Links




 

寒暖差アレルギー対策・対処法とは

ここでは寒暖差アレルギーへの対策を紹介していきます。

日常生活の中で意識して取り入れてみてくださいね。

190813

体温調節に気を付ける

温度差が激しい事で発症するので、体が温度差を感じにくくすると効果があります。

冷え性の人は特に気を付けた方が良く、冬だけでなく夏のクーラーなどでの温度差も注意が必要です。

特に女性は男性に比べて筋肉の量が少なく、体内で熱を作り出す力が弱いので、冷え性や温度差の症状が出やすくなります。

体力の向上

簡単なストレッチや軽いウォーキングなどでも良いので、意識して運動を心掛けてください。

筋肉が刺激を受ける事で体内の熱をあげてくれるので、温度差を緩和できます。

筋肉の量を増やすことも温度差に強くなる効果があります。

食生活もバランス良く

保温効果や血行改善力の高い生姜やにんにく、香辛料など意識して摂取しましょう。

生姜を紅茶などに入れて飲んでも良いですね。

免疫力アップや冷え性の対策にもなります。

通常の食事に取り入れるのが難しい場合は、サプリで摂取するというのも一つの手です。


身体を冷やさない

汗をかいた後はすぐ着替えたり、汗を拭くだけでも効果があります。

服装などは着脱がしやすく、温度差にこまめに対応できるようなものがオススメです。

また、締め付けすぎると血行が悪くなるので、衣服や靴下、靴などに注意しましょう。

マスクをする

鼻の粘膜を温めるとともに、湿った状態を保てます。

また温かい空気を吸う事で肺の乾燥を防ぎ、咳や喉のイガイガする感じを改善してくれます。

ツボ押しで鼻水を改善する

tubo1

晴明(せいめい):目頭と鼻の付け根の骨の間をつまむように

迎香(げいこう):左右の鼻の膨らんだところの外側にあるくぼみを強めに

巨りょう(こりょう):ほほ骨の一番高い所のすぐ下

リラックスする

ぬるめのお風呂にゆっくり入ったりと、とにかくストレスを解消する事。

自分の好きな事を楽しんだりする事で、自律神経を整えるようにしましょう。

Sponsored Links




寒暖差アレルギーの薬はある?

残念ながら、寒暖差アレルギーに直接効果のある薬は今のところありません。

鼻炎を軽減したり、自律神経を整えるような薬で改善、予防していく事になります。

以下を参考にされてください。

7af

衛益顆粒(えいえきかりゅう)

漢方の一種で補気薬(ほきやく)の効果があります。

肺の力や免疫力を高めるので、季節の変わり目や気温の変化で体調を崩しやすい人におすすめです。

免疫バランスの乱れ、花粉症、喘息、慢性腎炎などにも効果があります。

双料参茸丸(そうりょうさんじょうがん)

冷えや胃腸の虚弱、体力の無い人の免疫力を高める効果があります。

動物性・植物性の生薬が配合されていて、血色不良や食欲不振、老化予防気管支炎などにも効果が期待できます。

抗ヒスタミン薬や点鼻ステロイド薬

アレルギー性鼻炎の時に処方される薬です。

鼻水や鼻づまりなどの症状を緩和してくれます。

眠気などの副作用があるので注意しましょう。

おすすめの食べ物
  • びわの葉 : 肺の乾燥を改善
  • シソハマグリなど : 肺機能の向上
  • 大根みかん : 肺を潤し咳を鎮める
  • 豚肉牛肉魚類など : 血を増やして血行改善
  • 山芋黒豆黒米黒ゴマ黒きくらげなど : 腎機能の向上

 

さいごに

自律神経が対応できる寒暖差はおよそ7度だと言われます。

その温度差にとどめる事で体の状態を整える機能が正常に働いて、アレルギー症状を緩和してくれるのです。

特効薬や治療薬などがないので、なるべく症状を起こさないように過ごすことが重要となってきますね。