お友達の結婚式

友人同士の間ではOKなことでも、両家のご両親や親戚の皆さんが集まられる場ではNGであったり、非常識と思われてしまうこともしばしば。

結婚式に相応しい服装で参列して、大切なお友達の記念に、ひと花添えたいですね。

着ていく服が決まって、靴もOK!

ここでは、意外と見落しがちなストッキングのマナーについてご紹介します。

黒のストッキングがピッタリくる服装だったとして、結婚式に黒のストッキングをはいても良いものなのか、どうして黒は敬遠されるのか、黒以外なら何色でも大丈夫なのか、それでも絶対に黒にしたい場合の方法などなど、ぜひご参考にしてくださいませ<(_ _)>

 

Sponsored Links




結婚式に参列!ストッキング黒はNG?その理由は?

着ていくドレスは黒にしたから、それにあわせてストッキングも黒いもので揃えて、黒でシックにキメよう!

もしくは、少しでも足を細く見せたいから、黒色のストッキングにしようと思われる方は多いと思います。

しかし、黒いストッキングでの結婚式の参列は、実際のところ避けたほうが無難です。

なぜでしょうか?理由は簡単です。

黒いストッキングは、喪服を連想させてしまうからです。

 

結婚式には、同世代の友人同士だけではなく、ご親戚や会社の上司など、ご年配の方も参列されていると思います。

そういった方に快くない印象を持たれてしまうのは、すなわちあなたの大切な友人(新郎新婦)の印象をも左右しかねません。

ご自身だけではなく、マナーを知らない友人を招待した新郎新婦の人柄を疑われてしまうということを考えると、やはりここは新郎新婦の為にも大人のマナーを尊重すべきでしょう。

黒のストッキングを避けるからといって、網タイツや大きな柄の入ったストッキング、カラータイツなどももちろんNGですのでご注意を!

 

黒以外ならOK?正式にはベージュなの?

では、黒以外なら、何色のストッキングを履くのがベストなのでしょうか?

結婚式に参列する洋服にあわせるストッキングを選ぶなら、肌なじみの良い、無地のベージュ系のものを選ぶようにしましょう。

少しでも足を細く見せたいからとか、足に傷やアザがあるからと、濃い目のベージュやブラウンに近いベージュ色を選ばれる方もあるようですが、フォーマルな場では、あくまでもナチュラルであることを意識して、ストッキングを選んでください。

ご自分の肌にあう、華美にならない上品な薄手のベージュ系のストッキングが、結婚式に参列するにはふさわしいと言えます。

最近多い、くるぶし(アンクル)付近にワンポイントがあるストッキングも、柄が派手でなければOKでしょう。

ストッキングといえども、主役の新郎新婦よりも目立ってしまうというのはマナー違反ですからね。

傷やアザをどうしても隠したい場合は、コンシーラーなどを使うという方法がありますね。

Sponsored Links




黒のストッキングでもOKにする方法は?

しかし、どうしても黒のストッキングを履かれたいという場合もあるでしょう。

そういった場合は、足首にワンポイントやラインストーンが入っているものや、ラメなどの光沢の素材のものを選ばれてはいががでしょうか。

ただし、あくまでも華美にならず、上品であるということを念頭において選んでくださいね。

お洋服と合わせて、お葬式に見えたり、下品に見える場合は控えておく!ということを認識した上で選んでくださいませ。

 

さいごに

結婚式では、ご自分が目立つのではなく花を添えるという気持ちで、ストッキングを含めた、トータルの服装選びを心がけてください。

先日、親戚の結婚式に参列した私ですが、やはりいらっしゃいました黒のストッキングの若い女性が一人。

シックな装いをされていましたが、どうしても目がいってしまいました。

そういう変な目立ち方は良くないですね。

TPOにあった装いができる、素敵な大人の女性を目指してください(*^^)v