人生の大イベント、結婚が決まりました!

となると、次は結婚式を挙げるのは日程に悩みます。

二人の大切な記念日に♪と思ったとして、その日がもしも仏滅ならどうしますか?

他にも、誕生日、12月3日や11月11日など覚えやすい日など、人ぞれぞれに決めるわけですが、「この日に♪」と思った日が仏滅なら、やはりその日は避けますか?

そこで疑問に思うはずです。

仏滅に結婚式を挙げることは、本当に良くないことなのでしょうか?

もちろん実際に仏滅に結婚式をあげたり、入籍したりする人もいるわけです。

その人達は気にしなかったのでしょうか、ご両家の両親をはじめ、周囲の人に反対されなかったのでしょうか。

ここでは、仏滅の結婚式について、本当に良くないのかどうか、結婚式場の仏滅割引や、実際に仏滅婚をした人の意見などもまとめてみました。

Sponsored Links




仏滅の結婚式は絶対にダメ?午後は?

一般的に六曜の中で大安は何をしても良い日ですが、仏滅は何事も控える方が良い日と言われています。

午前・午後に関係なく避けた方が良い日だと認識されていますね。

でも、本当にそうでしょうか。

仏滅は、文字から推測をすると「仏の入滅する日」と思われていますが、実はこれは誤りです。

室町時代には、仏滅のことを空亡(くうぼう)といいました。

その後、虚亡(こもう)、物滅(ぶつめつ)と呼び名を変えて、近年になって物という漢字から仏という漢字が当てられるようになりました。

仏滅と仏教は全く関係ありません!

 

仏滅は物滅として、「物がいったん滅びて、新しく始まる日」とされ、大安よりも物事を始めるには良い日という説もあります。

以上からもわかるように、仏滅に絶対結婚式を挙げてはいけないということはありません。

 

仏滅の結婚式!割引制度で安い!は本当?

仏滅の日に結婚式を挙げることのメリットは多くあります。

  • 会場の予約を取りやすい

大安の土日に結婚式を挙げる人が多く、仏滅や平日は式場も空いていることが多いです。

 

  • 仏滅割引のある式場も多い

仏滅にも結婚式をしてもらおうと、各式場で割引サービスを行っています。

仏滅割引があるということは、式場的には「仏滅に挙式はOK」ということですね。

 

  • 他の慶事とかぶりにくい

人が避ける仏滅に、あえて挙式をするため、他の慶事と重なることが少ないと言えますね。

 

仏滅割引とは?

  • 挙式料の割引
  • 新郎新婦の衣装代が無料
  • 料理や飲み物が数名分無料

など。

挙式料が半額になるところもあるそうです。

挙式料はそこそこ高額なので、半額というのはすごく魅力ですね♪

気になる式場にどのような割引があるのか、ぜひ確認してみてください。

Sponsored Links




仏滅に結婚式を挙げた人の意見は?

では、実際に仏滅に結婚式をあげた人は、どういう意見なのか、どんな感想を持ったのかを簡単にまとめてみました。

  • 他の人と結婚式が重ならなかったので、式場が騒がしくなく嬉しかったです。
  • 安く挙式を挙げられて嬉しかったです。
  • 大安に結婚をしている人で離婚をしている人もいる、仏滅に結婚をして15年以上経った今でも幸せですので、仏滅は関係ないと思います。
  • 親戚の都合の良い日を選んだら、たまたま仏滅でした。他の親族から仏滅だからと言って文句は出ませんでした。
  • 結婚をした日を忘れてしまう人も多い、まして六曜なんて覚えていないという人は多いです。

こう聞くと、ほんと納得ですよね。

私自身は保守的に大安を選んだように記憶していますが(はっきり覚えていない!数年前のことなのに)、今考えると、ほんと仏滅の安い時にすれば良かった・・・と、心底思います。

浮いたお金を新婚旅行にまわすも良し、新居の足しにするのもよし。

わざわざ高額な日を選んで挙式するなんて、もったいない事をしてしまったなぁ~と感じます。

子供たちが結婚式をあげる時には、「「仏滅」など六曜を気にすることは無い!」と言ってあげるつもりです♪

 

さいごに

「天は人の上に人をつくらず 人の下に人をつくらず」という名言で有名な慶應義塾の創設者福沢諭吉も、六曜否定派でした。

しかし、現代まで六曜が続いて信仰されているということは、何かを信じて自分のすることを成功させたいという気持ちが強いのでしょうね。

ですが、上で紹介した意見にもあるように、大安に結婚式をあげられた方でも離婚率が低いわけではありません。

六曜に頼らず、どのような境遇にあっても、自分たちの手で家族を大切にしていくことが一番大切だと思います。

自分を信じることが一番です(*^^)v