友人:A子
 ブドウ糖の効果って、食べてからどれくらいで出てくるかなぁ?
わたし
これが意外と早く現れるらしいよ♪ でも、持続時間は短めなんだって!

 

ブドウ糖、最近ではタブレットで販売されているのをよく見かけますね。

わざわざブドウ糖をタブレットで摂取するというからには、そこには何かしらの効果が期待できるから!

さてさて、ブドウ糖にはどんな効果が期待できるのか!

ここでは、ブドウ糖の効果について、また摂取してからどれくらいの時間で効果が現れて、どれくらい持続するものなのか!

さらには、ブドウ糖を簡単に摂取できる人気の商品についても調べてみました。

今回のメニューはこちらです。

  • ブドウ糖の効果とは
  • ブドウ糖の効果!どれくらいの時間で現れる?どれくらい持続する?
  • ブドウ糖を効果的に簡単に摂取できる商品!3選

 

Sponsored Links




ブドウ糖の効果とは!

ブドウ糖は、ぶどう、いちじく、はちみつなどに多く含まれている単糖類で、動物・植物の生命維持に欠かせないエネルギー源の1つ。

人は一日何もしなくても260gのぶどう糖を消費しており、その中でも脳だけで120gのぶどう糖を消費すると言われています。

1時間に換算すると、脳だけで5gも消費しているということになるのです。

何もしていない状態でも消費している・・・ということに驚かされますね!

ということは逆に、何かしている状態であれば、もっと消費されるということですよね。

 

友人:A子
でもブドウ糖って、具体的にはどう消費されているのかなぁ?

 

生命活動にはなくてはならないものだということは分かっていても、具体的にどんな場面で必要であり、そして役立ってくれるのか、具体的な事まではわかり辛いですよね。

ここでは、「ブドウ糖の効果」として考えられることを以下に紹介していきます。

 集中力のアップ

人間の脳は、酸素を使ってブドウ糖を二酸化炭素と水に分解し、エネルギーを得ます。

脳がエネルギーとして使える栄養素はブドウ糖のみ

そして、エネルギーが完全に途切れると、3分で神経細胞が死でしまうのです。

低血糖に陥ると、思考力が落ち生あくびが出て頭痛がするという症状が出てきます。

その他にも、脱力感異常な空腹感なども。

脳の状態を正常に保つために、ブドウ糖をしっかり摂取しておくことは、とても大切なのです。

スポーツ時の栄養補給

即エネルギー源に変わるため、パフォーマンス維持に役立ちます。

また、エネルギー消費の多いスポーツの場合、エネルギー補給に役立ってくれます。

熱中症対策

熱中症対策には、よく「塩分の補給の重要性」が言われますが、実はブドウ糖とナトリウム(塩分)が同時に腸管内に存在することで吸収がスムーズになるのです。

そのため、ブドウ糖は熱中症対策に欠かせないものなのです。

二日酔い予防

肝臓がアルコールを代謝するときに、アセトアルデヒドができます。

これを分解するには大量のブドウ糖が必要となり、もし不足すると分解しきれずに二日酔いの原因となってしまいます。

ということは、お酒を飲む前のブドウ糖が、二日酔い予防に有効ということになりますね。

お酒の後にラーメンが食べたくなるなんて言うのも、実は体がブドウ糖を求めているからなのかもしれませんね。

 ダイエット

人は血糖値が下がると空腹感を感じます。

ブドウ糖は、カロリーがないわけではありませんが、ショ糖や果糖に比べてカロリーは低めです。

友人:A子
ブドウ糖って甘いから、ものスゴイ高カロリーなのかと思っていたけど、ダイエットにも活用できるんだね♪
わたし
そうなんだね♪ 空腹感を感じて高カロリーのおやつを食べてしまうより、ブドウ糖を摂取して血糖値を上げることで、空腹感を回避することが出来れば、ダイエットの助けになってくれるというわけね!

 

Sponsored Links




ブドウ糖の効果はどれくらいの時間で現れる?どれくらい持続する?

ブドウ糖は、単糖類とされていて、これ以上分解することのできない単位の分子です。

これ以上の分解の必要がないので吸収されるのが早く、ブドウ糖の効果は摂取してから15分から30分で現れると言われています。

 

友人:A子
なるほど!じゃぁ集中したい作業の30分くらい前に摂取すれば効率UPだね!
わたし
そうなんだけど、問題は持続時間!

 

ブドウ糖の効果は2時間から3時間しか持続できないのです。

なので、こまめな補給が必要ということになります。

食事を3度に分けてとることにも、このような意味があるんですね。

食事の他にも、必要に応じてフルーツや市販のブドウ糖補給食品を取り入れるのも良いですね。

 

ブドウ糖を効果的に簡単に摂取できる商品

ブドウ糖を多く含む食品は以下のとおり。

  • ぶどう
  • ラムネ
  • バナナ
  • はちみつ
  • うどん
  • ご飯
  • パン
  • イモ類

などなど。

もちろんこれらの食品からもたくさん摂取できるブドウ糖ですが、広く知られ始めたブドウ糖の効果もあって、ブドウ糖だけを効率よく簡単に摂取するための商品がたくさん登場しています。

そんな便利な商品をここで、いくつかご紹介しておきますね。

 

夢のくちどけぶどう糖

ココロろカラダの元気をサポート!

ぶどう糖100%。

口の中でさらりと溶け、タブレットタイプなのでお菓子感覚で食べやすいです。

勉強や会議、パソコン作業時、スポーツをするときにサッと口に含むことができますね。

個包装なので、持ち運びにも便利で衛生的。

 

ぶどう糖ラムネ

1粒あたりレモン約1個分のビタミンC

ブドウ糖を配合したラムネです。

ボトルタイプなのでデスクなどに置いて、疲れを感じたらすぐに補給できますね。

スポーツ・勉強などで疲れた時、ビタミンCと共にエネルギーチャージ。

カップホルダーに入るボトルタイプなので、ドライブのお供にもピッタリ。

 

グルコレスキュー

【楽天市場】

とろりとしたゼリー状で、誤嚥(ごえん)しにくいよう配慮されている、ゼリータイプのブドウ糖

コンパクトなアルミ包装で持ち運びに便利。

お菓子と混同されないパッケージデザインになっています。

25g中ブドウ糖量は10gです。

ゼリー状なので飲みやすく、ブドウ糖の吸収もより速いので、緊急の低血糖時にも頼りになる商品です。

 

ブドウ糖と言えば点滴

ブドウ糖と言えば、病院で受ける「点滴」を思い出される方も多いでしょう。

食べ物を口から食べることが出来ない時などに使用されますが、まさに生命活動になくてはならない成分だということが、ここでもわかりますね。

上で紹介したような便利な商品もありますので、食事で上手く摂取できないような場合には、ぜひ積極的に活用してみてくださいね。

とは言え、食べ過ぎは肥満に繋がりますので、何事も”適度が大切”です(*^^)v