404368

最近、巷でヒルドイドの人気がすごいです!

本来は医薬品のヒルドイド。

これをスキンケアに使うと最強だという噂。

本当なのでしょうか?

医薬品ということは副作用があるのでは?

などなど、そんなヒルドイドの気になる情報をまとめて見ました。

Sponsored Links




 

ヒルドイドに副作用はない?顔に塗っても大丈夫?

ヒルドイドは赤ちゃんや子供にも使用することが出来る安全な医薬品だと言われていますが、やはり副作用はあります。

主な副作用としては、「かゆみ」「発疹」「赤み」など。

とは言え、副作用の出る人の確率は100人に1人ほどだそう。

これが多いとみるか、少ないとみるかは個人差があると思いますが、重篤化したケースはほとんどなく、

赤みなどが出るのも、瞼(まぶた)など皮膚が薄い部分に塗ったときに表れやすいようです。

上でも言いましたが、赤ちゃんに処方されることもあるので、安全性は高いと言えますね。

 

とは言え、そんな医薬品を化粧品として毎日顔に塗る・・・

それってちょっと心配じゃないですか?

でもね・・・このヒルドイド、なぜ人気なのかと言いますと、

そこらの高級基礎化粧品に負けないくらいの保湿効果が得られるからなのです★

 

スゴイ! 高級化粧品<ヒルドイド

さらに気になってきたヒルドイドの効果を、次の章でガッチリ確認していきましょう。

 

ヒルドイドの恐るべき効果と使い方

ヒルドイドは本来皮膚科で処方される、血行障害を改善する治療薬です。

ヘパリン類似物質という、日本では50年ほど乾燥肌向けに使われてきた成分が含まれています。

肌には本来、「水分を蓄え潤いを保つ」「細胞に栄養を届ける」など、自分自身の肌を守るための機能を持っています。

しかし、加齢や体調の変化などで肌はその機能を失って、乾燥肌になっていきます。

ヘパリン類似物質には、保湿作用、血行促進作用、抗炎症作用などの効果があり、

それらの作用が、肌を本来の正常な状態に戻してくれるのです。

乾燥がひどい方やアトピーの方にヒルドイドが処方されるのは、このような理由からです。

 

では、ヒルドイドをスキンケアとして塗り続けることによってもたらされる効果には、どのようなものがあるかと言いますと・・・

 

  • 肌が潤う・透明感UP
  • シワやくすみの予防
  • クマをなくす
  • ニキビ・肌荒れの予防
  • 皮膚の炎症を抑える
  • 新陳代謝UP

と言うことは、もう高い基礎化粧品を買う必要がない?!

 

ヒルドイドのスキンケアとしての使い方

毎日、ヒルドイドを朝・晩の2回、洗顔後に塗るだけです。

最初に使うときは”薄めに塗る””皮膚の薄い部分を避ける”などの必要はありますが、慣れてきて肌に合っていると思ったら、どんどんたっぷり塗ってください。

ヘパリン類似物質は、塗れば塗るほど肌の保湿に効果があります。

続けていくうちに、肌の調子が良くなりシミが薄くなっていくのを感じられるでしょう。

また、血行促進作用で新陳代謝も良くなります。

まさにいいこと尽くめ♪

 

顔だけではなく足や腕、かかとや肘などガサガサ・カサカサが気になる部分に使うのも◎ですよ。

 

さて、ここまでの説明で、ヒルドイドが喉から手が出るほど欲しくなっていませんか?

私は完璧になっています!

是が非でも手に入れたいо(`・Д・´)о

でも医薬品ってことは。。。

次の章では、ヒルドイドの入手方法について説明していきますね。

Sponsored Links




ヒルドイド入手には処方箋が必要?!どうやって手に入れる?

「ヒルドイドは処方してもらうことで、200~300円で手に入って超お得♪」

という声を良く聞きますが、それは保険適用の場合です。

実際に病院に行って処方箋をもらって、薬局に行って……だと、この200~300円に加えて診察料・手間や交通費などももちろん加わります。

また、全身に塗る必要がある場合など除いて、ヒルドイドを大量に処方してもらうのは現実問題難しいと言う意見もあります。

 

それでもアンチエイジング効果が得られるなら!という方もいらっしゃると思いますが、

実はこの美容目的でのヒルドイドの入手には賛否両論あります。

保険適用で処方してもらうとなると、差額は当然税金なわけです。

美容目的での医薬品を税金で?!

そんなの不謹慎だ!!

という意見があるのも事実。

とは言え、本人がお肌にすごく悩みを持っていたら・・・となると、美容目的と医療目的の線引きは難しいですので

この辺りは自己判断となりますね。

 

ヒルドイドは市販薬ではなく処方薬なので、処方箋がないと入手できませんが、

個人輸入の通販を利用すると、処方箋なしの入手が可能となります。

が、日本製ではありませんので、その辺りのリスクをどう考えるかですね。

 

あと、ヒルドイドを入手したいけれど、病院の処方はちょっと・・・

通販もちょっと怖いし・・・という場合、

ヒルドイドクリームと似た成分の市販薬を試してみる手もあります。

 

ピアソンHP(新新薬品)
【楽天市場】

ヒルドイドのジェネリックにビーソフテンというお薬があります。

そのビーソフテンの市販バージョンがこのピアソンHPです。

ビーソフテンとピアソンHPはパッケージが違うだけで中身は同じということですので、

ほぼほぼヒルドイドに近いと言えそうです。

 

アットノンクリーム(小林製薬会社)

【楽天市場】

こちらは傷あと、やけどの跡を治すための薬です。

ヒルドイドと同じヘパリン類似物質の効果で、シミや傷跡を薄くしてくれます。

しっとりクリームタイプなので、保湿効果も十分ありますよ。

 

ヘパリンZクリーム(ゼリア新薬)

【楽天市場】

名前の通り、ヘパリン類似物質が含まれているため、血行を促進し、傷あとを治すための薬です。

よく伸びて匂いが少ないこともおすすめです。

顔だけではなく、打ってできた青あざなどにも効果があり。

 

さすがにこれらの類似品を毎日使い続けるのは気がひけるかもしれませんので、

普段はいつもの化粧品を使い、乾燥などでお肌の調子が優れない時に使用してみるという使い方が良さそうですね。

 

さいごに

ヒルロイド、簡単に手に入ると良いのですが、今のところ入手が少し困難なのが残念ですね。

ちなみに私の場合、子供が乾燥肌で、小児科でヒルロイドを偶然処方してもらっていますので、

調子の悪い時に、少し拝借しております<(_ _)>

伸びも良くてしっとり感もあって、炎症も軽くなり、確かに良い感じですが

今のところ毎日使い続けたい・・というほどではありませんので、落ち着いたらすぐにいつもの化粧品に戻します。

ヒルロイドを処方してもらう前に、自分のお肌と向き合い、今どんなスキンケアが求められているかを見極めてからの使用をおすすめします。