午後の優雅なティータイム♪

コーヒーを飲もうかな…と、スター○ックスに立ち寄ってメニューを眺めながら、

カフェオレにしようかな…カフェラテにしようかなと、カッコよく悩む私。

そして、「カフェオレのショートを!」とカッコよく注文しつつ、心の中でつぶやく。

わたし
本当はカフェオレとカフェラテの違い、わかってないのよね..私。

そして今更、聞きにくいしさ…

というわけで、なんとなーく定番のものを頼んでしまうのです。

心当たりがありませんか?

ここではそんな今更聞けない、カフェオレとカフェラテの違いについてまとめてみました。

ついでに、カプチーノ・カフェモカとはなんなのかも紹介しておきますね。

これからは、本当にカッコよく注文できるはずですよ♪

Sponsored Links




カフェオレとカフェラテの違いとは!

まずは、カフェオレとカフェラテの違いから見ていきましょう。

どちらも日本語に訳すと「コーヒー牛乳」もしくは「ミルク入りコーヒー」と、ちょっとダサい感じになるのですが…実はさまざまなところに違いがあります。

なかなか混乱しやすいので、ポイント別に解説していきますね!

ベースの違い

まずは、ベースとなるコーヒーが違います。

カフェオレ浅煎り焙煎のドリップ抽出をした一般的なコーヒーがベース

カフェラテ深煎り焙煎のエスプレッソ抽出をしたエスプレッソがベース

もともとの豆は同じでも、煎り方や抽出方法によって全くの別物になるんですね。

言語の違い

カフェ・オ・レはフランス語で、「レ」というのがミルクを意味しています。

対して、カフェ・ラテの「ラテ」はイタリア語でミルクを意味しています。

そもそも発祥となった国が違うので、雑学ノートにメモっておきましょう♪

ミルクの種類の違い

基本的にカフェオレは、とくに手間を加えずに温めたミルクを使いますが、カフェラテにはスチームミルクという蒸気熱でミルクを温めたものが使われます。

国によってはただ温めた通常のミルクを使うこともありますが、ミルクに関する手間も違うということは覚えておきたいですね。

ミルクの量の違い

これは知っている方も多いのではないでしょうか?

ミルクとコーヒーの割合が以下のようになっています。

カフェオレ=50:50

カフェラテ=80:20

ミルクが多く入ることでコーヒーが飲みやすくなりますので、ミルクたっぷりがご希望の場合はカフェラテを選べば良いですね♪

味の違い

言わずもがなですが、味も当然違います。

カフェオレは子供でも飲みやすい、いわゆる”コーヒー牛乳と呼ばれるものに限りなく近い”と考えて良いでしょう。

一方カフェラテは、ちょっと苦味や酸味が入るので、大人向けの上品なコーヒーと認識している人が多いようですね♪

Sponsored Links




カプチーノとは!&カフェモカとは!

カフェオレやカフェラテが分かってきたところで、さらに気になってくるのがカプチーノやカフェモカの存在。

実はこの2つも“エスプレッソ”をベースにして作られるのですが、加えるものがまたちょっと違ってきて変化が現れるんですね。

そのあたりもそれぞれ説明していきましょう。

エスプレッソ+○○

ベースは同じエスプレッソでも、加えるものが全然違います。

カプチーノはエスプレッソにスチームミルクとフォームミルク(あわ立てたスチームミルク)を加え、チョコレートパウダーが振り掛けられているものが多いです。

一方カフェモカは、チョコレートシロップとミルクとホイップクリーム(ミルクだけの場合もあり)を加えたものになります。

さて、これはどっち?

正解は最後に…(o^―^o)

割合によって変化が

エスプレッソとミルクの割合もまた違います。

カプチーノの場合は、エスプレッソとスチームミルクとフォームミルクを1:1:1もしくは30:30:40(50)くらいの割合で混ぜることが多いです。

カフェモカの場合には、エスプレッソとミルクとチョコレートを20:70:10くらいの割合で入れていることが多いです。

多少お店やバリスタによって違いますが、ミルクが多めでチョコレートが色づけのように入っているパターンが多いですね。

ミルクの種類が違う

さっきも少し触れましたが、ミルクの種類が違います。

ここまで出てきたものが通常の温めただけのミルク・スチームミルク・フォームミルクの3種類ですが、カフェモカのミルクは通常のものかスチームミルクが多いです。

場合によってはホイップも入るので、カフェモカが最もコーヒーらしくはないですね(笑)

もちろん味も違う

当然っちゃ当然なのですが、これだけ中身に違いがあると、当然味もだいぶ違います。

カプチーノはカフェラテよりも苦味が強く、泡の食感を楽しむという側面もあります。

カフェモカはチョコレートで甘みが増してホイップクリームでまろやかさが増すので、ココアに近いような感じにはなりますね。

もちろんあくまでベースはエスプレッソなので、コクの深い後味がするのはコーヒーらしくてココアとはまた違いますけどね。

 

カフェオレ・カフェラテ・カプチーノ・カフェモカそれぞれの定義まとめ

では最後に、それぞれの定義を簡単にまとめておきましょう!

カフェオレの定義

  • ドリップコーヒーに、温めたミルクを加えたもの
  • コーヒーとミルクは50:50の割合

カフェラテの定義

  • エスプレッソコーヒースチームミルクを足したもの
  • コーヒーとミルクは20:80の割合。

カプチーノの定義

  • エスプレッソコーヒーに、スチームミルクフォームミルクを足したもの。
  • 割合は1:1:1もしくは30:30:40(50)くらいが一般的。
  • 場合によっては、チョコレートパウダーがかかっていることも。

カフェモカの定義

  • エスプレッソコーヒーミルクチョコレートシロップを足したもの。
  • ミルクは温めただけのミルク・スチームミルク・ホイップミルクなど多様化している。
  • 割合は20:70:10くらいが一般的。

これであなたもコーヒー通?!

とまではいかないかもしれませんが(笑)、

似通ったものと思っていたカフェオレ・カフェラテ・カプチーノ・カフェモカ…それぞれ全く違うもので、味も大きく異なることが分かりましたね。

わたし
味で区別できるかは自信がありませんが…

そもそもエスプレッソコーヒーは、小さなカップで飲む濃―――いものなので、飲みやすくさまざまな形に変化していったのですね。

あなたのお気に入りのコーヒーを見つけて、おしゃれにティータイムを楽しんでくださいませ♪

ちなみに、途中の問題の答えはもうおわかりですね。

カ・フェ・モ・カでした(*^^)v