最近、貧血がひどい気がする…

という女性にぜひ知っておいていただきたいことがあります。

それは貧血の原因に「ストレスが関係している」ということ!

 

気付かないうちに溜めてしまっているあなたのそのストレスが、つらい貧血を引き起こしている可能性があります。

実際に私もよく経験していた貧血ですが、最近ではほぼなくなりました。

どうやって改善したのか、それも含め、

貧血とストレスの関係性共に、ストレスを軽減するための食事や方法についても紹介していきます。

 

貧血の原因とストレスとの関係

貧血にも色んな種類があり、細かく分類すると実にさまざまですが、

一般的に広く知られているのは「赤血球やヘモグロビンが減少し、酸欠になる」ことを指します。

(厳密に言えば「酸欠である」という説もありますが)

 

この貧血とストレスの関係性を簡単に説明するとすれば、

ストレスがかかることによって、鉄分の吸収を邪魔する作用が出てしまうというのがメカニズムです。

492345

人はストレスを受けると自律神経を乱してしまいます。

その乱れた自律神経が最も作用しやすいのが「胃」や「腸」で、ストレスの影響をダイレクトに受けてしまいます。

どこに貧血と関係が?と思うかもしれませんが、

ただでさえ女性は毎月の生理によって、貧血になりやすいと言われています。

そんな貧血を予防するための「鉄分」を最も吸収するのが「十二指腸」です。

そして腸への影響が大きいのが胃。

胃と腸が正常な働きをしてくれなければ、いくら貧血防止で鉄分を補給しても、

体が鉄分を吸収してくれない・・・という事態に陥ってしまいます。

 

もちろんストレスが直接的な原因ではなく、睡眠不足や栄養失調・ダイエットなどの間接的な要因を交える場合もありますが、

どうであれ、鉄分の吸収がきちんとできるようにストレスを軽減してあげることが、症状を緩和させる第一歩に繋がるのです。

 

ストレスを完全に取り除くのは、どんな人にも難しいでしょう。

それならば、少しでも軽減してあげることを考えなければ!

自分で出来るストレスコントロールとして、食事や発散の工夫を以下に紹介していきます。

 

ストレスを軽減できる食べ物・食事方法とは

ストレスを食事で軽減できるの?

と半信半疑の方も多いかと思いますが、意外にも効果があるものなんです♪

528417

 

まず前提として、ストレスを軽減するためには「ビタミン」と「カルシウム」が大切です。

そのほかに「たんぱく質」や「鉄分」「マグネシウム」などを意識して摂取すると良いでしょう。

とくにビタミンに関しては、ビタミンC.E.12などたくさんの種類がありますが、

これらはすべて幅広く摂取しておきたいものですので、意識しておいてくださいね。

 

食事法としては「ゆっくり食べる」ことがおすすめです。

ゆったりとした動作そのものにリラックス効果があるので、せかせかと食べたり携帯を触りながらではなく、

テレビをぼんやり眺めたり、好きな音楽を聴いてリラックスしながら食事を楽しみましょう。

「何がなんでもこう食べなきゃ!」と思うのは逆にストレスになるので、できるだけ自然体で食事をするよう心がけてみてください。

 

また食べ物としては、「フルーツ」「乳製品」が最もおすすめです。

もちろんナッツやお魚・野菜・ゴマ・大豆製品なんかも良いですよ。

手軽にビタミンが取れて、ミネラルや軽い糖分が摂取できるフルーツは日々の間食にもってこいです♪

 

反対に控えて欲しいのが、ジャンクフードやカフェインなどの刺激物です。

脂っこいものは胃もたれの原因にもなり、刺激物は脳をびっくりさせてしまいます。

ストレスというのは根本を脳が感じ、それにより全身の活動を左右してしまっているので、ほどほどになら良いですが過剰摂取はしないようにしましょう。

ジャンクフードであれば手のひらいくらいの量まで、カフェインは1日2~3杯までを目安に楽しみましょう。

 

 

ストレスを和らげる方法いろいろ

食事以外にもストレスを和らげる方法はたくさんあります。

今回は定番のものからちょっと変わったものまで、10個紹介しておきますね。

 

軽い運動

ストレス解消法のなかでも最も健康的といわれるのが軽い運動です。

じんわり汗をかいてスッキリすると、熟睡効果があることからも推奨されています。

実は私も、全くの運動ゼロ生活から、ジムでウォーキングやヨガなどの軽い有酸素運動を始めました。

これが爽快なんです♪

運動嫌いな私でさえもリフレッシュできるので、本当にオススメですよ(*^^)v

 

ハーブティーやアロマ

自分の時間がほとんど取れない!という忙しい人は特に、香りで癒されるというのもおすすめです。

女性であれば、ただリラックスするだけではなく、美容やリフレッシュ効果が得られるものもあるので、ぜひ好みの香りを見つけてくださいね。

 

入浴剤

今や豊富すぎるくらい種類がある入浴剤ですが、お風呂にあまりつからないという方も多いのではないでしょうか。

本当であれば毎日浸かるのが理想的といわれていますが、ついつい今日は急いでいるからいいかな…なんて思う日もあるでしょう。

ですがバスタイムはストレス解消にとってとーっても重要!

楽しみを持つ意味でも、入浴剤にこだわってみてはいかがでしょうか?

 

ショッピング

ショッピングは女性にとって、買わなくても楽しめる不思議なツール。

ショッピングモールなどであれば適度な運動にもなるのでオススメですよ!

中には、スニーカーに履き替えてショッピングモールをウォーキング♪なんてツワモノもいらっしゃるくらいです(笑)

 

カラオケ

実はカラオケのストレス解消率は、実に90%以上なんだそうです。

大好きな歌を歌うこともそうですが、何より大きな声を出すことがストレス解消に大いに役立つとか。

家の中では出来ませんからね…近所迷惑とか考えてしまいますからね。

無意識に大きな声を出すことができるカラオケは、現代のストレス解消法としても推奨されているくらいです。

いくつになっても続けられるというのも魅力ですね。

 

ボーっとする

しているようで、意外とできていないのが、この「ボーッとする」という行為。

日々の忙しさに追われてストレスが加速していることがあります。

お子さんがいる方だけではなく、お仕事や家事・近所づきあいなどで気付かないうちに疲弊しがちな女性は多いものです。

「やらなきゃ」「頑張らなきゃ」と言い聞かせて頑張るものの、心と体が悲鳴をあげていることもしばしば…。

何も考えずボーっとする時間を確保するのも大切な自己防衛だと覚えておきましょう。

 

全裸になる

変態になることを推奨しているワケではありませんよ~(笑)

人によりますが、「全裸」という状態に開放感を得られる場合があります。

日本人は基本的に家の中でも服を着ているのが当たり前ですから、家族や恋人しかいない空間であっても裸でいる機会は少ないでしょう。

あえて普段やらないことをやるという刺激が、脳をリフレッシュさせてうまくストレスに作用する可能性があります。

家族がいない時間を見計らってチャレンジしてみてください!

何かに目覚めるかも★

外から見えないかだけはチェックしておきましょうね(;^ω^)

 

思いっきり泣く

大人になればなるほど、本気で大声をあげて泣くことって減ってきませんか?

実際泣いている暇なんてないし、感情を押し殺しがちなのが大人というもの。

でもそれって、人間らしさを忘れているのかもしれませんよ。

思いっきり泣くことで、自律神経が整うとも言われています。

絶対に泣ける映画や本を部屋に持ち込んで、人目もはばからず大声で泣いてみましょう!

 

マッサージに行く

年々取れにくくなる体の疲れ。

昔はスッと立ち上がれたのに、無意識に声が出たり、何かをつかまないとしんどいという方は、ぜひマッサージを受けに行ってみてください!

自分へのご褒美は必要です。

ちょっとした贅沢気分も味わえてリフレッシュできますよ♪

 

普段我慢していることを1つだけする

やりたいけど我慢していることって、誰しもがひとつくらいあると思うんです。

どうしても事情があって無理な場合はどうしようもありませんが、ちょっとどうにかすればなんとかなるという事なら、ひとつくらい無理を言ったって良いですよね♪

我慢している欲望が解放されることによって、びっくりするくらいのストレス解消になることがあります。

 

さいごに

上でもお話したように、ストレスを溜めこんだまま鉄分を一生懸命補給しても効果が薄いです。

まずはストレスを少しずつでも軽減していって、そこから貧血対策をしていくのが有効!

特に育児や子育てに追われるお母さんは、自分のことはすべて後回しになっていませんか?

実際、私も3人の子育てに髪を振り乱し、「私がやらなきゃ!」「私が頑張らなきゃ!」と自分に言い聞かせ、よく貧血にも襲われていました。

 

そんな私は、途中でどこかの糸がプチッと切れ、突然”専業お母さん”をやめる宣言をしました。

自分の時間を積極的に作り、やりたい事を極力我慢しない!など自分なりに工夫して、

最近では、心身共になんだかとても健康的になったなぁ~と感じています。

貧血とストレスは無関係ではありませんよ!(断言)

あなたの改善策はどんなですか?